勇気づけライフの勧め171号「職業上の他者対応を第三者に使わない」2017・2・6

おはようございます。アドラー東北の高橋です。
日常あるある・・を今日は投稿します。

今年の4月から私は地区の役員の当たり年で(汗)
四つの役職を掛け持ちするはめになっています。

アドラーを学ぶ以前だったら、やる前からピリピリしたり緊張したり不安に駆られたりしていたでしょうが、今は全く平気で(笑)、その時になったら考える「今ここ」発想ができているので精神的には楽ちんです。

地区の役職やら付き合いが苦手だという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?親戚付き合いもしかり。。

それはなぜかというといわゆる職業上身についたと思われる普段使用の他者対応が通用しない、相手がどんな人かわからない不安、などなどあるかと思います。

どういう人が集まってどういうことが行われてどういう風になるのか、どういう風に物事が進んで行くのかがわからない。。
予測がつかないことについての不安が大きいかなと思います。

それで仕方がないので自分に身についた他者対応の方法をまったくの第三者の集まりで使ってしまって不具合を起こす人は結構いますね。

親戚同士の付き合いも同様。自分の身内ならいざ知らず、配偶者の身内にはどういう人がいるかはよくわからないので普段使わない方法・言葉に気を付けたり気を遣ったりする。だから疲れる。。ね。

いわゆる縦の関係になれてしまっている私たちは、いきなり第三者の横のつながりに放り込まれると考えたらいいかもしれません。

うちのセミナーもいきなりヨコの関係のグループに入ると考えてもらえばいい。
だから普段の縦の関係のつもりで臨もうと思うと居心地が悪く感じたり、浮いたりしてしまったりする。

以前ある地区の役員を務めた時に、集まってきた人たちに向かって大声で怒鳴っている女性を見まして、びっくりしたことがある。

まわりの人たちもさ~~っと引いてしまった。。

「あなたたち!ぐずぐずしてないでさっさと並びなさい!!」だそうだ。。

げっつ?いきなり命令??あなたは何様?どなた様??
言われた側はみなそう感じたと思うし、とても嫌な気持ちになったと思います。

同じ地区なのでよく顔を合わせる女性ですが、周りから完全に距離をとられちゃってます。えらそうなんですから仕方がない。。

アドラーを学び始めてからようやく職業上の他者対応をそのまま地区の人間関係に持ち込んでいるんだ(教員)と私は理解できましたが、ほかの人はそうじゃない。

どうしてあなたに命令されなきゃならないのかわからない。。ですよね。(笑)

私のエリアだけでも2人いらしゃる。。
他者を叱ったり怒鳴ったり・・まったく平気です。。当たり前だと思っているんだろうなと思います。

こういう事って結構耳にするんですが
「~~だか何だか知らないが、えらそうに。。」(~~には職業が入ります。)
って言われてる方、結構おられます。

いずれも縦関係で上のポジションにいることが多かった人。。

妹の結婚式の時だったかな、、伯父が叔父に初対面だったこともありますが、「銀行の支店長だか何だか知らないがえらそうに・・。」とつぶやいていましたっけ。。

また地区の趣味の集まりに来たご高齢の男性が、その集まりのリーダーに対して「市役所だったからってえらそうに・・。」と。。
田舎だと
「農協だったからってえらそうに・・。」もある。

市役所でも農協でも、銀行の支店長でも、学校の先生でも偉そうでない人はたくさんおられるという事実は吹っ飛んでますが。。(笑)

どうしても職業上の特性が出ちゃう人いるんですよね。
本人はまったく悪気がないが、他者関係は良くない、残念ながら。。
気がつけばいい。。それだけでだいぶ違うんだけれども。。

世の中でいわゆる上のポジションな方のほうが少ないわけですから、そうでないほうは職場を離れてまでえらそうに言われたくないんです。。

今皆さんが所属している会社、職場、組織はほとんどが縦の社会。
それがいきなり第三者の横グループに入ると今までの方法はまったく通用しない。そのままではうまくいかないということがよくわかります。

疎んじられるだけでなく「どうせえらそうなんだから役員やってもらったら?」にもなりかねない。。

現役で働いている方は、今の自分の人間関係方法は、きわめて限られた世界の中でのみ通用する方法でやっていると思っていた方がいい。

退職していきなりヨコに入ってもうまくいかない。。

そういう意味でできるだけ早い時期にアドラーを知っておくのはとても有益なことだなと感じています。
もしも私のところに来て居心地がいいなと感じるようであれば、ヨコの関係が合うのでアドラーもきっとフィットする。

早いうちにヨコの人間関係がどんなものかを知っておくと、どんなところに出る羽目になっても大丈夫だと思います。

こんなめんどくさい?地区で他者とのトラブルもなくやれている私が言うんだから間違いはありません。(笑)

私もたぶんアドラーを知る前はとってもエラそうだったんだろうなあ。。

そう思うと、気が付かないとはいえたくさんの人を傷つけてきたのかもしれないなと思い及び、、。そういう反省はこれからの糧にしようと感じています。(未来志向)

今回もお読みいただきありがとうございます。